salarymanma 

中小企業で働くワーキングマザーの日常

正月、義実家にて夫が家事育児をやる理由を考えてみた。

年末年始、我が家もご多分にもれず義実家へ帰省した。今年は第二子がいるので、不思議なことに義両親に対するガルガル(子供を取らないで!的な感情)も減って、義両親の孫フィーバーぶりも冷静に身守れるようになってきた。そこで、我が家の夫がなぜ家事育児を主体的にこなすようになったのか、義両親の影響があるのかどうか、ちょっと考えてみることにした。

 

 

スーパーWMの息子はけっこう大変?

夫の家事育児参加の話をするとよく、「ご主人のお母さんも働くお母さんだったの?」と聞かれる。何となく聞きたくなる気持ちはわからなくもない。ところが、義母はほぼ専業主婦だったし、せいぜい経済的な理由からのパートのみで、決して「働きたいタイプ」の女性ではない。(むしろオットリ天然系)

実は、私は最近この「ワーキングマザーの息子は働く妻に理解ある」という説を疑っている。というのも、会社にいる子供が大学生や社会人の大先輩ママに聞くと、意外とみなさん子供に家事をさせていることが少ない。(もちろん中にはガッツリやらせている人もいるが…)

というのも、この世代の方々はまだワーキングマザー、特にフルタイムで働き続けるような女性が一般的ではなかった。雇用機会均等法前の人も多いし、産休のみで復帰が当たり前の時代だ。だから、相当に仕事ができるタイプが多く、要領が良く何でも自分でこなすスーパーウーマンが多いのも特徴だと思う。時代的にもまだまだ専業主婦が主流であったから、パートナーを頼ったり、子供にご飯を作らせたり…というのも罪悪感を持ちやすい世代だろう。(といいつつ、現代のWMの私も罪悪感沸きそうだが)

こういうスーパーワーキングマザーの母を持つ男性は意外と「うちのおふくろは何でも一人でこなしてたぜ」みたいなことをのたもうてくるので、逆に厄介な気もする。いや中にはそんな母親を見ているから、妻を助けたいという人もいるだろう。(まぁ、そういう人はけっこう妻には「子供が寂しいから家にいてくれ」ともいうかもしれぬ…)

 

反面教師タイプの方が優しいかも?

先日、友人が「旦那が育休を取るから、私は来月から仕事復帰」という話をしてくれた。そこで、この友人のご主人がなぜ理解があるのか聞いてみたところ、「義父が本当に何もしない人で、義母がいつもイライラしていたのを見て、子供のためにも妻をイライラさせたくない」と言っていたそうだ。まさしく自分の育った家庭を反面教師にしているということだ。何とも皮肉だが、私はこういうタイプの方がけっこう危機感を持って家事育児に関わっている気がする。

また別の友人は、ご主人のご両親が離婚をしており、ご主人は「自分の家庭だけは守りたい」ということから、奥さんの要望はなるべく話し合ったうえで歩み寄るようにしているとのことだった。少しさびしいような理由だが、とても素敵だなぁと思った。

こういう反面教師的な人の方が意外と夫婦円満への思いは強く、家事育児の分担(というか、円満な家庭生活)への意欲が高い。

 

やっぱり結局は妻への愛情かもしれない。

さて、我が家の場合に戻ると、やはり以前、「夫が働き方を変えた本当の理由」にも書いたが、やっぱり根底にあるのは愛妻家ということなのかもしれない。というのも、義実家に帰省した際に義父は頑固な人ではあるが、なんだかんだ義母の言葉や行動に弱いのである。なので、時代的に義母は義父に家事育児を大きくは求めなかったものの、義父は義母に言われれば「はいはい」的な感じでこなしているのである。

今まで「共働きで育った訳でもないのに、共働きによる家事育児分担を受け入れている」という理由があまり明確ではなかったが、夫がなぜこういう思考にいたったのか、その理由の一部分が見えた気がした。そして、このことは義両親に対しての(今までは孫フィーバーとかが正直、しんどいと思っていたが)感謝の気持ちにつながった。お父さん、お母さん、素敵な夫婦でいてくれてありがとう…的な。

 

娘はどんなパートナーを選ぶのか。

最近、私の漠然とした心配事の一つが、娘は将来どんな人をパートナーに選ぶのか、ということなのだ。やっぱりWMとしては、娘にも経済的に自立してほしいと思ってしまう。だからこそ、パートナー選びは大切。本当は、女性がパートナーによって人生が変わってしまうような時代でないことがベストだが。

そこで、自分のことを振り返ってみるのだが、自分が夫のような理解ある人を選んだ理由はとても曖昧で、正直ラッキーとしか言いようがない。というわけで、最近は夫や周囲の理解ある男性陣の分析ばかりをしてしまっている…。

まぁ、きっと娘には「ウザイ」と言われ、恋は盲目だったりするのだけど。

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

salarymanma.hatenablog.com