salarymanma 

中小企業で働くワーキングマザーの日常

ワーキングマザーにロールモデルがいないのは当然だった

突然ですが、あなたにはロールモデルがいますか?

実は「いない」というタイトルながら、私にはロールモデルがたくさんいる。「素敵なワーキングマザーが近くにいるなんていいな!」そんな風に思ったあなたは、ロールモデルに幻想を抱いていないだろうか。

 

「あんな風にはなりたくない…」のオンパレード

比較的女性が多い職場といえど、私がもともといた部署はワーキングマザーが隣の課に一人いるだけだった。彼女は自分のご両親と近居で暮らしており、残業もいとわずやっていたし、妊娠中の私にとって彼女の生活はあまり参考にならないと感じていた。

そして育児休業から復帰した後は、自身もワーキングマザーという女性上司の下に配属になった。今度こそ、いろいろと参考になると思って期待した。ところがこの上司は核家族だったが、まだ世の中にワーキングマザーが格段に少なかったころから働いていたので、それこそ熱のある子供に座薬を入れて出勤するような壮絶な日々を送っていたことを話してくれた。私は「あ、この人も違う」と思った。

 

 

自分と同じ条件で働くママを見つけるのは至難の業

そうこうしているうちに、私自身も先輩ワーキングマザーの立場になる日がやってきた。何かと書いている通り、我が家の夫は家事育児を私と同等にこなせるので、ある日、育休ママの復帰前面談に一緒に入った同僚が「マンマさん家のご主人はね…」という話をし始めた。しかし、次第に曇り始める復帰ママの顔。聞いてみれば、この復帰ママのご主人は、ママが働くことにまったく理解がなかった。そして発せられた「うちは夫のタイプが違うので、本当に働けるのか自信がないです…」という言葉。うん、そうですよね。

他にも「子供にアレルギーがある」「実家が遠い」など、ワーキングマザーにとって「働く上での条件」が多様すぎて、たかだか数百人規模のわが社でロールモデルを見つけるのは至難の業だった。

しかも働く条件の上にさらに「仕事への意欲」や「子供に接する時間とその重要度」、「やっている仕事」などなど、ありとあらゆる条件が重ならなければならない。

…そんな人、いるわけがなかった。私はもうロールモデルという言葉への信用をすっかりなくしてしまった。恥ずかしくも「自分がロールモデルになれない」ことで、ワーキングマザーのロールモデル像の破綻を知ったわけだ。

 

子供を産んだ途端に公私混同

でも、振り返ってみれば、子供を産む前の私はロールモデルと言い切れないまでも、「この人の仕事ぶりは素晴らしい」とか「あの先輩のよく気がつくところは見習わなきゃ」とか、日々思っていたものだ。

それがなぜ、子供を産んだ途端に「あの人は仕事はすごいけど、子供が犠牲になってるから私とは違うな」とか「あの人は気遣いはできるけど、キャリア捨ててるから私とは合わないな」なんて思ってしまったのだろう。

思うに、子育てをしながら仕事をしていると、仕事も子育ても中途半端になりがちだ。だから自分の中の暗黙の理想(仕事で求めるレベル、子育てで失敗しないレベル)を今まで以上に意識するようになる。そして、藁をもつかむ気持ちで、どちらも自分が求めるレベルでこなしている人を探そうとして、結局いないことに絶望を感じるのだ。なんという公私混同。公私混同が悪いことだとは思っていないが、それが自分を苦しめているなら、良くない。

 

各方面ごとにロールモデルを探すことにした

自分のこの思考回路に気付いてから、私はまた以前のように「あくまで仕事上」でのロールモデルを探すことにした。たとえ、ご両親と同居であっても仕事に対する熱意や責任感は見習うべきところだったし、ワーキングマザーに限らずとも、尊敬できる仕事ぶりの人はたくさんいた。

それでも仕事以外の部分も気になるのは事実。だから、これも一つの側面として見ることにした。子供に座薬を入れて出社していた先輩ママが実は親の介護もこなしていたし、妊娠中にドクターストップがかかりながらも、忙しく仕事をしすぎて、早産してしまったという先輩ママの子供が実は有名国立大学に行っていたりした。

 

みんな苦しんで今の選択がある

各方面ごとにロールモデルができると、先輩ママやその他のロールモデルたちの話がとても面白く、ためになった。おそらく、ワーママのロールモデル1本で考えていれば「私にはできない」で聞く耳を持たなかったような話を聞くことができた。

話を聞いてみれば、それぞれに悩みながら優先順位をつけたり、ときには優先順位をつけられないぐらい切迫した状況で、苦しみながらの今があった。そして、少しでも自分たちと同じような苦しみを感じないような世の中を望んでいた。

ワーキングマザーだから、仕事と子供のどちらかを犠牲にしなきゃいけないわけではない。きっと専業主婦だって、何かを我慢したり苦しみながらの今があるのだろう。

自分の望むものすべてを手に入れて、何事もなく暮らしている人なんていないのだ。私が思っていた「ロールモデルがいない」は「私の思い描く理想の生活を何の苦労もなく手に入れている人がいない」ということだったのだと、今になって思う。

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

 

salarymanma.hatenablog.com

salarymanma.hatenablog.com