salarymanma 

中小企業で働くワーキングマザーの日常

マミートラックに乗りたいという復帰ママに伝えること

 いよいよ、4月の保育園入園申し込みが佳境になってきた。私の働く会社では、法定最低限の育休かつ、首都圏在住者がほとんどなので、約半数は0歳児クラスへの入園を目指すママたちだ。

どうしても0歳児を抱えながらの復帰となると、お世話や病気の対応で手がかかるため、復帰ママたちの中には「働ければ何でもいいんです」「社員の身分さえあれば」という人が毎年1人はいたりする。いわゆるマミートラックに自ら乗りたい、と宣言する人たちだ。

ちなみにマミートラックとは…

kotobank.jp

 

 

なぜマミートラックに乗りたいのか?

マミートラックに乗りたいママたちの言い分は「子供との時間を大事にしたい」ということだ。うん、気持ちはよく分かる。こういうタイプの人の多くが自分だけで育児をしており、「自分でなきゃ」という思い込みが強いことが多い。つまり、保育園に大きな不安を持っていたりする。そして一番の問題はママ本人が「働くことは子供にとって悪いことだ」という先入観にとらわれて、必要以上に復帰に不安を感じていることだ。(私自身もそういうタイプなので、いろいろと苦しい)でも、自分が経験して思ったのは、マミートラックに乗ることこそ、子供への罪悪感をあおる…ということだ。

 

育休復帰後、マミートラックに乗りかけた自分の話

実は私自身がマミートラック…といえば聞こえはいいが、要は「もう期待されない存在」になりかかったことがある。(今も期待されているかと言えば、微妙なんだけど、たぶんこの時よりは会社に貢献しているという実感はある)

実は私自身はもともと社内ではいわゆる前線部署に在籍していた。ところが、育児休業から短時間勤務で復帰した際に働き方を理由にバックオフィス部門へ異動した。ここまでは、けっこうよくある話かと思う。
ところがそこには、「短時間勤務?いらねーそんな奴」的な上司がいた。いや、そんなストレートにモノを言う人はいまどきいないのだが、ご本人は専業主婦の奥様がいて、毎晩のように残業をして、朝も早く来て何かいつも忙しそうな人だった。一方で私には補助的な仕事のみを与え、評価面談でも新しい部署でどうステップアップしていってほしいのかという期待は何も語られなかった。私が「何か手伝えることがあれば…」の言葉にも「いいです、いいです、マンマさんは大変でしょうし、営業の方なんで…」と取り付く島もない。
それでも正直、復帰当初はありがたいと思えた。子供の病気で休んでも「大丈夫です。一緒にいてあげてください」と言ってくれたし、仕事でちょっとしたミスをしても「仕方ないですね」で済まされた。
 

ありがたいのは半年間だけ

「ありがたい状態」だと思えたのは、復帰後せいぜい半年程度だった。依然、子供の病気で休むことは多かった。でも「期待されていない」「いてもいなくても変わらない」存在であることは、一方で「そこまでして働くのか」という働くことの罪悪感を強めるだけだった。仕事は当然に面白くなかったし、一方で力を注ぐべき子育てに対しても専業主婦家庭のように十二分な時間を割ける訳でもなかった。いわゆる「どっちもマジで中途半端」な状態だったのだ。今振り返っても、「過大な配慮」をされていたこの時期が一番仕事に対するモチベーションが低く、「辞めたい欲」が大きくなっていた。働きアリの2:6:2の法則でいうと、確実に最下層の2割に入っていたと思う。これでは、会社にとっても「お荷物」と言われて仕方がない。

 

乗ったが最後、環境的にもマインド的にも這いあがれない

私の場合は望まざるマミートラック…そのものだったが、正直そこに居座ってしまえば良い…という気持ちが芽生えなかったわけではない。私が焦ったのは、やっぱり5年後10年後を思ったとき。マミートラックにはまってしまったら、なかなか元の「期待する人材」トラックに戻るのは現実的に厳しい。何より自分のマインドや年齢的にもたぶん重い腰が上がらない。(というか辞めたいけど、こんなマインドで転職先もないし)そして、1日6時間~8時間を費やしている仕事で、「誰の役にも立っている実感がない」(もちろん補助的な仕事でも誰かの役に立つけれど、その先がない)というのは、辛いものだった。

 

マミートラックからの脱却

結局、私はこのカタブツ上司の見る目を変えるために、夫に協力を仰ぎ(理由はそれだけではないが)、病児保育を使い、カタブツ上司が大好きなビジネス書や日経新聞をせっせと読んだりした。これには賛否両論あると思うが、そのときの私にはこれしか方法が分からなかった。だって、口では「今は働くお母さんも増えているからね。大変ですよね」なんて言いながら、どこか「うちは俺が稼ぐからそんなことはさせない」と思っているような人の価値観を変えるのは、子育てよりも難しい。(むしろ子育てからやり直しかもしれない)

結果として、その上司が変わったかと言うとそうではない。私の動きに戸惑い、ある意味、マネジメントメンバーとして放出してくれたために、現在の私がある。現実は、そんなものだ。(現在の上司はマミートラックなんぞ、乗せてたまるか、というタイプでこれはこれでハードだが、充実している)

 

マミートラックに乗らない=休めない…ではない。

さて、現在の私の働き方だが、実は上司が変わっても働き方は大きく変わっていない。

現在の上司は「子供が病気のときはなるべく休みたいよね。じゃあ、そのために仕事をどうするか考えよう」というタイプだ。なので、仕事内容や期待値などは私自身の経験やマインドに沿ったものになっている。じゃあ休みが取りにくいかといえば、そんな感覚はあまりない。やり切りたい仕事やなるべくシェアしたくない(できない)仕事のときにはなるべく休まないように、自分自身で手を打つので「こんな仕事のために病児保育か…」という罪悪感がない。ちなみにそれ以外の仕事はシェアしたり、後回しにすることで、どうにか回している。

大げさに言えば「預けてまでしてやる仕事だと思ってしている」と考えられるので、働くことへの罪悪感はかなり軽減され、「お仕事楽しいよ」と子供に言えるまでになった。

でも、こういう働き方ができるのは同じ社内でも、やっぱり上司や組織によるところが大きい。だから、復帰時に「仕事ができれば何でも」という人には、間を取って「じゃあ、とりあえず半年を目途に『育児最優先』という希望で配属先に言っておくね」ということにしている。意外と半年経つと、子供の状況もガラリと変わるし、「もっと働きたいのに、上司が理解してくれなくて…」なんて言うママも多いので、それはそれで難しさがあるのだが。

 

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

 

salarymanma.hatenablog.com

salarymanma.hatenablog.com