salarymanma 

中小企業で働くワーキングマザーの日常

共働きはしんどいだけ?~サイボウズのムービーに思うこと~

昨年、『大丈夫』というムービーで全国のワーキングマザーを泣かせたサイボウズ

私もグスグス言うぐらい泣いてしまった一人だ。

ダイバーシティ関連の推進担当としても、同社の青野社長のお話は、社畜的働き方からの変革のお話で、経営者に対する説得感がある。私も講演があったりするとなるべく足を運ぶようにしている。まぁ、なかなかそれも叶わないので、ログミー等で見直すことも多い。(そういえば、前回のエントリーにも登場)

そんなサイボウズが今年もワークスタイルをテーマにムービーを作っている。今回は全6回のドラマ形式でオダギリジョー田中圭が出演というから、すごい。まぁ、昨年の広報効果は絶大だと思うし、費用をかけてでもやる意義とメリットはあるのでしょう。というわけで、予告編が公開されたので、さっそく見てみた。


cybozu.co.jp

 

www.youtube.com

 

おぉ、2つめのムービー「パパにしかできないことを」で酷評された部分がちょっと前進していそうな気がする。この田中圭が演じるパパが「うちの奥さん、しっかりしてるんで大丈夫です」とか、けっこうリアル。いるいる、こういう「鈍いパパ」っていう感じで期待が高まる。

 

なぜか全編にただよう「不幸感」

さて、ここからは、イチ視聴者としての勝手な感想と要望だ。

最初にアップされて泣けた「大丈夫」もそうなんだが、なんでこんなに「しんどい」ことばかりが強調されるのだろうか。まぁ、予告編だけなので何とも言えないが、ここから想像できるストーリーは、オダギリジョー演じるパパが遠距離通勤により、家族との時間が持てず退職。「うちは大丈夫」と思っていた田中圭ファミリーにも、実は…みたいな展開だろう。それはそれで、いち視聴者として、もちろん楽しみだ。一人でも多くの「無自覚の男性」に伝わることを願う。

でも、これを見て「あ、私も働きたいな」とか「うちの奥さんも働きたいって言ってたけど、それもいいモンなのかもな」みたいな思いになる人っているのだろうか。

 

ワーキングマザーだって楽しいよ?

何かとブログにも書いているが、私は常々、ワーキングマザーのイメージが極端すぎると感じている。雑誌やテレビに出てくるような「輝く女性代表(仮)」の大企業でバリバリ働くワーキングマザー(たいてい出世して社内女性初の○○みたいな人)か、とにかく忙しくて余裕がなくて、子供と一緒にもいられなくて大変でイライラして疲れて…という誰も目指したくないネガティブ像(けど、実際はそうなっちゃうよね)という超現実的なタイプか。

でも現実は言わずもがな、前者はほんの一握りだ。そして後者の葛藤をどこかしら抱えてはいるものの、だからといって常にネガティブで不幸な感じかといえば、私の周りのワーキングマザーはそれなりに楽しそうに毎日を送っているのだ。

だって、ワーキングマザーだって、仕事で達成感を感じてアドレナリンが出ることもあるし(たしかに独身時代に比べて頻度は減ったけど)、子供が「ママ、お仕事がんばって!」なんて言ってくれちゃう最高潮の幸せもある。保育園の先生と一緒に子供の成長を喜べる楽しさもある。夫が協力的なら、なおさらに夫婦で切磋琢磨するとか、家庭を協業できるとか、いっぱいメリットだってある。

 

ムービーのその先にある世界は?

女性をもっと活躍させたい…と思うならば、「働くママって大変だよね。だからサポートが必要だよね」という視点だけではなく、「働くママって面白いよね」という視点も大事なのではないか。特に私は今の「輝く女性代表(仮)」というキラッキラのパターンではなく、ごく普通の平社員でその辺にいるようなママ社員のいぶし銀な幸せを見てみたい。でなければ、「私(俺)には無理」や「私(俺)はなりたくない」という人が増えても仕方がないと思う。私も「輝く女性代表(仮)」みたいな方を見ると、「あ~私には無理だな」と思ってしまうことも多い。

もちろん、楽しめるようになるまでには、パートナーの意識とか、職場の意識とか、いろいろな障壁があるのだけど。

サイボウズのムービーはきっと、まずはこの障壁になっているものに一石を投じる、ということなんだろう。だけど、私の経験からして(まったく大した経験はないけど)、残念ながらワークライフバランスダイバーシティを毛嫌いする人たちに、こういう「北風作戦」は効かないことが多い。

だから、もうちょっと「働く」って面白いんだよ、とか「共働きって楽しいよ」というポジティブさを散りばめて欲しかったなと思う。もしかしたら、これらのムービーの先にあるのかもしれないけれど。(私は小さな幸せはけっこう日々感じているけどな)

 

…とここまで書いてみて、自分も周囲の人たち、特にこれからワーキングマザーになる友人などに対して「大変、大変」と言っているのかもしれないと反省した。あまり自慢にはしたくないけれど、「大変だけど楽しいよ」と言うようにしよう…。

予告編だけで、好き勝手書いたけれど、もしかしたらハッピーな感じのシーンもたくさんあるのかもしれない。とにかく、反響(特に男性からの)も含めて楽しみにしている。

 

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

 

salarymanma.hatenablog.com

salarymanma.hatenablog.com