salarymanma 

中小企業で働くワーキングマザーの日常

不安な新設保育園のデメリットは何か?(後編)

何かと不安がつのる新設保育園。当時0歳児を新設園に入園させてみて感じたデメリットをまとめた。もちろんメリットもたくさんあるので、前編も併せてどうぞ。

 

 

新設園のデメリット1:保育方針や雰囲気がわからない

これが一番気になる新設園のデメリットだろう。新設園の情報は役所に行っても、住所と園の名前と運営元ぐらいしか分からないのが普通だ。この建設ラッシュで園舎もギリギリまで工事中、中には説明会もしない園もあるかもしれない。我が家の保育園は同じ運営元の別の保育園で説明会を実施したので、かなりありがたかった。でも、この説明会も役所では知らされておらず、どうしても保育方針とか様子を知りたくて、系列園に問い合わせた時に教えてもらったものだ。だいたい、自治体はある程度実績のある団体に開設を依頼することが多いので、系列園の見学をすることが不安を軽減する唯一の策かもしれない。近場の系列園なら、そこの先生が異動してくることは大いにあり得る。

 

新設園の見学でチェックすること
  • 保育士はどのように集めるのか?※ベテランはどのぐらい来る?
  • 4-5歳児はどの程度集まりそうか。少なければ他園と交流はあるのか。
  • (系列園しか見れない場合)見学先の保育園との違いは?独自のものはあるか?
  • (園舎が2階建以上なら)預けたい年齢の子供は何階になるか?階段を上って登園しなければならないのか?
  • 自転車や自動車での送迎の可否
  • 慣らし保育の期間

※あとは通常の保育園見学と同じように、保育時間や行事などなど。

 

新設園のデメリット2:しくみやルールが変わることが多い

何事もやってみなけりゃわからない、ということで開園後に変更されたしくみやルールはたくさんある。例えば開園時は月に1回、リトミックの講師を招いて授業のようなものがある予定だったが、今年はそんな様子はない。(でも、先生の音楽に合わせて踊ったりはするので満足)開園時は離乳食を細かく進めてくれたけど、下の子になったら一定の食材を食べないと次のステップに進めないとか。園側も理想を掲げてスタートするので、(それは良いことなんだけど)人員不足や手間の関係でルールが変わってしまうことが多い気がする。ただ、今のところ不満に思うほどのことではないので、「あ~大変だったのね」ぐらいの感覚でいる。

 

新設園のデメリット3:慣らし保育は長め

個人的には0歳で預けたので、むしろ安心感があったけど、やはり全園児が一斉に慣らし保育なので、先生方も必死だし時間がかかる。結局、うちは復帰が月内で良かったこともあって、2週間ちょっとはフル保育にならなかった。新設園に預ける場合には、ちょっと長めになることを覚悟しておいた方がよいかも。むしろ、「3日で仕上げます!」というような新設園はちょっと不安かもしれない。

 

新設園のデメリット4:保護者の意見を上げづらい

公立の古い認可保育園なんかだと、たいていは「保護者会」なるものがある。(小学校でいうPTAのようなもの)保護者会があると、園側と話し合う機会や意見を言う機会もあるし、事故が起きたときなどに対応がしやすいのはたしかだ。行事を保護者会が主催してお金を出したり、バザーをやったりする保育園もある。(ここでお古がゲットできたりするらしい。うらやましい)新設園には保護者会はないことが普通だろう。まぁ、園からすればもちろん「同士」でありつつも、「面倒な存在」である面もあるので、呼びかけることもないし。一方で、ママの中には「保護者会の集まりが毎週末のようにある」とか「役員が面倒」というのもあるので、一概にデメリットとは言えないかも。

 

新設園のデメリット5:お迎えが早い子供が多い(特に幼児クラス)

なぜ?と思うかもしれないが、新設園は幼児クラス(3-5歳児)は定員割れが普通だ。前編にも書いたが、3-5歳にもなれば、保育園はもちろん、幼稚園に入っている子が大多数なので、新設された保育園に入るのは、「新たに仕事を始めたお母さん」か「兄弟同園を狙って転園したお母さん」の子供ということになる。

「新たに仕事を始めたお母さん」は子供が~3歳ぐらいまでは専業主婦で、「ちょっと子供が大きくなったし、仕事始めようかしら。あら?保育園がちょうどできるし。ダメ元で申し込んでみようかしら」という志向が普通だろう。考えてみれば、こういうお母さんがいきなりフルタイム正社員の仕事を選ぶ可能性は、シングルでもない限りほとんどない。つまり、短時間パートタイマーなので、お迎え時間は4時、せいぜい5時ぐらいだ。すると、もう一方の「兄弟同園を狙うお母さん(下の子は乳児だから育休明けフルタイムが多い)」の子供は、必然的にクラスで最後の一人、しかも他の子よりも断然遅い…という可能性がある。

うちの保育園でも開園から3年ぐらいは、延長保育の利用者は激戦の中で入園した乳児クラス(0-2歳)の方が多く、その中に幼児が1-2人いるという状態だった。単純に幼児クラスの人数が定員割れしており、少ないというのもあるだろう。

3-5歳の子でも子供が小さい子と遊ぶのが好きなら苦ではないかもしれないが、そうでない子はいつも先生に遊んでもらっていた。これはこれで、子供は喜んだりするので一概には言えないが、可能性として考えておくことは大事かも。

 

意外と書き出してみると、デメリットはあるが、保護者会の有無などはメリット(ボスママがいない)なんかと表裏一体。やはり「合う・合わない」は大いにあるのかもしれない。我が家はというと、新設園に大満足している。0歳から入れたので、デメリットもあまり感じなかったし、やはり先生方の努力や「一緒に作っていく感」をひしひしと感じたので、良い保育園生活1年目となった。不安はあるけど、見学や質問でクリアできるものもちゃんとある。悩んでいるなら新設保育園も悪くないよ、と伝えたい。

 

保育園に入りたい!2016年版 [ 日経DUAL ]

価格:979円
(2015/10/16 00:33時点)
感想(0件)

 

salarymanma.hatenablog.com

salarymanma.hatenablog.com

 

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村