salarymanma 

中小企業で働くワーキングマザーの日常

保育園を休まないためにしていることをまとめてみる。(ノロウイルス対策編)

2015年は新型ノロウイルスが流行する

www.sankei.com

なんとおそろしい…。嘔吐恐怖症の私としては、もう何が何でも避けたいのが感染性胃腸炎といわれる感染症。いわゆるノロウイルスとか、ロタウイルスとかの総称だ。我が家は0歳児と4歳児がいるので、いったん感染すれば家族内パンデミックとなるのは目に見えている。とりあえず、できるだけのことはしたい。というわけで、もう悪あがきといわれようと、我が家でやっている対策を総ざらい。あぁ、医療従事者には「なるときゃなるさ」と笑われそう。

 

 

DHCのラクトフェリンノロウイルス対策

ノロウイルスが体内に入った後に唯一効果を発揮するといわれるのが、このラクトフェリンという母乳にも含まれているたんぱく質ラクトフェリン自体が免疫力アップとかいろいろな効果があって、サプリメントが大量に発売されている。私がすがった効果というのが、ノロウイルスが体内に侵入してもラクトフェリンによって増殖を防ぐというもの。詳しくは森永乳業のページに書いてあるので省略するが、この効果は人によって大きく差があるらしい。ヨーグルトやサプリメントなどいろいろな商品が出ているけれど、費用対効果と3歳児でも飲みこめることを考えて、我が家が購入しているのはDHCのトローチタイプのもの。保育園から帰ったら親子ともども1錠だけ食べている。(本当は3錠って書いてあるけど、子供だし用量的には1日1錠でも十分な効果と思われ)とりあえず、上の子とともに飲み始めた昨シーズンからは家族全員一度も胃腸炎にはかかっていない。ということで、決して安いものではないが、藁にもすがる思いで続けている。

【DHC直販サプリメント】ラクトフェリンにオリゴ糖やビフィズス菌を加えたヨーグルト味のトローチ ラクトフェリン 30日分

価格:2,203円
(2015/10/12 23:28時点)
感想(237件)

突然の嘔吐に備える…ハイター薄めた液は保存できない!

残念ながら、本当に残念ながら、感染性胃腸炎は感染したら最後、ウイルスが身体から出て行くのを待つしかない。だから、あとは文字通り備えるだけ。でもって、子供って急に吐く!もちろん布団だろうが、ソファだろうが、車内だろうが、お構いなし。だが、ここで第一波の処理を間違えるとあっという間に家庭内パンでミックになるので、吐いたら理由がなんであれ、次亜塩素酸系の消毒をした方が良い。(いわゆるキッチンハイターとかね。アルコール消毒はノロウイルスにはきかない)よく消毒液で言われるのがハイターを何倍かに薄めたものだけど、正直こんな作業を子供が嘔吐した直後にやってられない。下手したら第二波が起こるし、それよりも子供の介抱に費やされる。なので、私は以前は11月ごろになるとハイターを定量で薄めたものをストックしていたのだが、小児科医に言ったら「意味なし」と言われた。危ないとこだった。

そこで、仕方なく買ったのがサライウォーター。高い。↓

即送!送料無料・サライウォーター・アルコールが効かないウイルス・菌を強力消臭、除菌・無害【レビュー記入で500CCプレゼント合計原液2.5リットル】【2個セットなら携帯用空スプレーも2個プレゼント】【他商品同梱OK!5,000円以下でも送料無料】02P05Oct15

価格:2,397円
(2015/10/12 23:46時点)
感想(8773件)

商品説明によると、これなら半年間もつ。レビューによれば消臭にも効果ばつぐん、無害で赤ちゃんがいても安心(本当かな)らしいので、購入してみた。

今のところ、ノロやロタは発症していないので消毒効果は分からぬが、上の子が「間に合わなかった―」と言っておもらししまくっているトイレの消臭には効果を発揮している。ノロ対策としてビニール手袋やマスク、使い捨て用ぞうきんたちと、ストックしておける安心感だけで私にとってはは価値ありだ。

そして、このサライウォーターを4倍に薄めたもので、定期的にスイッチやドアノブ、下の子が吐き戻した後なんかを拭いたりしている。(実家の母には神経質といわれてます…)

 

ノロウイルス初動対応セットを常備

我が家では、11月頃になると毎年↓こういう胃腸炎初動対応セットをまとめている。

f:id:salarymanma:20151110215020j:plain

要は突然の嘔吐がやってきても、すぐに対応できるように一式まとめておいてあるのだ。内容は

・キッチンペーパー

・ゴミ袋

・使い捨て手袋とエプロン(100円ショップで調達)

・マスク

サライウォーター原液スプレー(嘔吐物には原液で使う)

・そのまま捨てられるような雑巾、ぼろ布

とりあえず、これだけ1箇所にまとめておけばすぐに対応はしやすいかと思う。今のところ、今年はまだ出番がないけど。あと、以前車の中で発症したときは、もう無理だったけど。(不運すぎる…)作っておいて損はないと思う。

大人もノロウイルス対策

対策といってもできることはほとんどないのが、このウイルスの辛いところ。予後はいいけど、やっぱり働いている身としては必ずと言っていいほど家庭内パンデミックが起こるので、絶対いやなのだ。(働いていないママでも嫌だろうけど、以前会った奥様が専業主婦の男性は、家庭内でノロが出た時、ホテルに泊まったらしい。ワーママには絶対できない選択肢だわ)

できることといえば、外食で牡蠣や生肉、刺身を食べないこと。夫は生牡蠣が大好きだけど、上の子が1歳過ぎにノロになったときから、悪いけど生牡蠣は禁止している…。この時期に忘年会とかあるけど、外食は私も夫も(子供も)最低限にしている。気にしていたら、キリがないのは分かっているけど、そのぐらい怖いのだ。

それから、インフルエンザなども同じだけど、予防のためのマスクをして通勤したり、会社に着いたらまず手洗いうがいをしている。帰宅時に手洗いうがいをする人は多いけど、出社時にしている人はあまりいない。(これも夫に徹底させた)

 

子供は病気になりながら強くなるとは分かっているけれど、やっぱりつらそうな姿は見たくないもの。仕事をするうえでもやっぱりなるべく健康でいたいし、いさせてあげたい。これから4月ぐらいまでは、どうしてもハラハラしながら過ごしてしまうだろうなぁ。

 

salarymanma.hatenablog.com

salarymanma.hatenablog.com

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村