salarymanma 

中小企業で働くワーキングマザーの日常

保活の基本をまとめてみた

この1年間、私の友人達が第一子の出産ラッシュだった。友達から一番聞かれるのが、保育園にどうやって入園させたのか、いわゆる保活をどうやってしたのか、ということ。偶然にも仕事で(というか、完全にボランティア的に)保活マニュアルなるものを整備しており、これを友人にシェアしたところ、思いのほか好評だったので、ブログにもアップしてみようかと。主に都内~神奈川在住の方であれば、少しは参考にしてもらえるかと思う。本当に基本のき、なので「保活、何から始めれば?」という方に向けて書いてます。入園保障をするものではありません。

【保活用語説明】
認可保育園:面積などの国の基準をクリアした保育園。自治体の管轄(就労状況や家庭の状況に応じた指数と呼ばれるポイント制)
で入園が決まる。⇔認可外保育園

認証保育園:東京都独自の基準をクリアした認可外保育園。園によって入園基準が異なる。先着順のこともあるので要注意。自治体によって保育料に補助がある場合も。≒横浜保育室、川崎市保育園など

指数:認可保育園入園に必要なポイント。勤務時間、雇用形態などの就労状況に応じた基本指数加え、一人親や兄弟同園、保育の状況などの家庭状況に応じて調整指数が細かく決められており、一般的に指数が多い方が保育園に入りやすい。求職中や祖父母同居などマイナスの調整指数もあるので注意。

保育ママ:保育園に入園できなかった場合、主に3 歳未満の児童を保育ママの自宅等で保育する制度。第一希望も可能だが、主に保育園入園が不承諾だった人(保育園に入れなかった人)が利用している印象。

不承諾通知:申し込んでも認可保育園に入れないことを証明する自治体からの通知。育児休業を延長(育児休業給付金の手続き)に必要なので、年度途中など入園できないことを前提でも申し込みをして受け取る。

 

STEP1:まずは在住の市区町村の役所に行って保育園の状況を確認!

※できれば産前に。
事前に自治体のホームページ(入園のしおり等)で自分の指数を確認した上で、役所の担当課に相談に行く。年度途中(4 月入園以外)の保育園入園は可能か?認可・認証ともに空き状況を確認する。フルタイム夫婦・第一子の指数だけ入園できるのか等、入りやすさも確認が必要。首都圏のほとんどの自治体では、年度始まりの4 月入園以外はほとんど空きがない(退園者がいない限り入れない)ことが多い。自治体によっては、ホームページで毎月空き状況を発表しているのでチェックする。認証保育園を含む認可外保育園については、役所では答えてくれないことも多いので、電話や見学等で聞く。


STEP2:復帰のタイミングを決める。

※子供の誕生日や状況により、なるべく早くに。
年度途中での入園が難しい場合は0 歳クラスか1 歳クラスで4 月入園が復帰のタイミングとなる。(※たとえ3歳まで育児休業が取れるとしても、3歳で入園が可能かどうかは要チェック)
クラス分けは入園タイミングの4 月1 日時点での年齢。

【クラス分け例】2016 年4 月入園を目指す場合

子供の誕生日 申し込みクラス(=2016 年4 月1 日時点の年齢)
2015 年2 月1 日生まれ 1 歳児クラス(1 歳2 カ月)
2015 年4 月3 日生まれ 0 歳児クラス(0 歳11 カ月)

激戦区での一般的な4 月復帰のタイミング例

子どもの誕生月 復帰/入園のタイミング
4 月~9 月 0 歳の4 月に復帰/4 月:11 カ月~6 カ月で入園
10 月~3月

育休延長で1 歳の4 月に復帰1 歳6 カ月~1 歳1 カ月で入園

※育児休業が法定通り1歳までの場合

※10 月~3 月生まれでも預けられれば0 歳4 月で復帰することは可能。(子供が2 カ月~6 カ月で復帰)
※入園後も慣らし保育が1 週間~1 カ月かかる。この間は復帰できないと考えた方が良いので、育児休業満了ギリギリのタイミングで復帰は避ける。

 

STEP3:保育園の見学に行く。

STEP2 と同時並行で。
通える範囲の保育園に見学に行く。※見学のポイントは家庭の教育方針などによるので割愛。

仕事を続ける上でのポイントは…
・慣らし保育の期間と保育時間はどのぐらいか?(実質、復帰は慣らし保育後から)
・保護者参加の行事と開催タイミング
・保育時間※特に時短勤務が終わっても通い続けられるか。延長の当日依頼は可能か。
・認可外の園の場合、入園順位はどのように決めるのか。(認可と併願はOK か、マイナスにならないか?)
※STEP1 で認可園の入園が絶望的なら認可外の単願も視野に入れる。
※認証保育園などで入園が先着順である場合は、入園申し込みをしておく。

 

STEP4:いよいよ入園申し込み。

育児休業を延長し、1 歳クラス入園を目指す場合にも最低でも子供が1 歳になる月の入園から申し込みをする。(空きがなくても、入園申し込みは可能)年度途中での入園が難しければ自治体から「不承諾通知」が送られてくるので、育児休業延長の手続きに入る。基本的に入園申し込みは1 回すれば半年程度有効(毎月申し込む必要がない)のことが多いが、自治体によりルールがあるので、必ず確認を。申し込みの期日は入園希望前月の10 日前後、4 月入園の申し込みは前年の10 月~12 月の自治体が多い。そ
れまでに自分の指数確認(時には調整指数を稼いでおく)や必要な書類(会社が記入する就労証明なども)を準備する。4 月入園の場合の結果は大体2 月頃に出る。

 

こうやって書いてみると、私の住んでいる区でもそうだけど、「保育園を選ぶ」ということはほぼ難しいと感じる。どちらかといえば「入れてもらえる園を探す」という感覚。復帰のタイミングだってそうだ。激戦区に住んでいる限り、「3歳まで育休」なんていうのは非現実的。結局、0歳か1歳で復帰する人がほとんどという印象だ。私の子供2人も0歳から保育園に入っている。かわいそう?だとしても、これが働くお母さんの現実。一人目の預け始めは後ろ髪引かれまくり。でも、上の子は全く覚えていないし、どちらかといえば「お母さんがかわいそう」なのかも。これ以外の選択肢はなかったし、今となっては後悔はないけどね。

 

 …長くなったので、今日はここまで。

次回は保活の注意点とか、入園に不利なマイナスポイントについてまとめます。

保育園に入りたい!2016年版 [ 日経DUAL ]

価格:979円
(2015/10/16 00:33時点)
感想(0件)

★関連記事

salarymanma.hatenablog.com

salarymanma.hatenablog.com

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村