salarymanma 

中小企業で働くワーキングマザーの日常

家事育児を年収比率で分担することへの違和感

共働き家庭の永遠のテーマ、家事育児の分担。特に子供が小さいころは主に夫婦のみでの分担となるので、もめごととなりやすい。

我が家は完全にどちらも100%を担える状態にしてあるので、特に不満はないのだけど(夫にはもしかしたらあるかも)、ここに来るまでには紆余曲折あり、このネタとその反応には敏感だ。

驚くのが「年収によって分担量を考えろ」という意見が男女ともに一定数存在すること。マイナビニュースの記事はまさにそのまま、執念の分担図については感想として「平等というなら、稼ぎも同等だ」という意見に同意が集まっていたりする。

 

news.mynavi.jp

時短をとるまではほぼ同水準の年収では?

残念ながら、国税庁の給与実態調査なとを見ても、どんな条件であっても相対的に女性の年収は男性に比べて低い。でも調査対象のあくまで平均値であって、マクロの視点で見たときのものだ。

超ミクロな視点で我が家のケースを見ると、我が家も現在の夫:妻の収入は6:4といったところ。でも、それは決して出産前から続いている年収比率ではない。新卒から総合職でガツガツとやってきた「育休世代」の私は、ありがたいことに出産まで仕事上でも「男女差」を感じることなく社会人生活を送っていた。だから結婚当初は夫:私の年収はほぼ5:5だった。年収に差がないことに私も夫も「決して食べさせて欲しいから結婚するわけじゃない」とどこか誇りを感じていたと思う。お金だけではなく、まったく異なる業界同士、仕事の話なんかをすれば刺激的で、お互いに切磋琢磨している感じだった。大卒で総合職同士のカップルだったら我が家のようなケースは少なくないと思う。あまりデータが見つけられなかったが、女性側の方が年収が高いケースも一定数いるだろう。

ところが、妊娠・出産は女の私にしかできない大仕事。妊娠中はともかく、産休は私にしか取れないから、必然的に仕事にブランクがあいた。そしてそのまま「休んでいた方が仕事のペースは落としやすかろう」とか「時短をとるのはママ側だよね、ふつう」という安易な考えから、私が時短を取ることになり、必然的に私の給与は時短の分だけ減額になったので、7割ぐらいに減った。

 

仕事をセーブせざるをえない子育て期

当たり前のことなのだが、子供が小さいうちは夫婦どちらかが仕事をセーブせざるを得ない。特に我が家のように保育園問題から0歳児入園をした場合には、延長保育も使えないので9時17時の定時勤務でさえ、お迎えがあやうい。そして、当然に小さな子供の体力を思えば夜は早く寝かせてあげたい。そう思うと、どちらかが時短…まぁ育休とったし私がだよね、というのが自然の流れだった。

だから、私の場合は決して「育児やりたいし」とか「仕事あんまりペースあげたくないし」とかそんなポジティブな動機で時短を使ったわけではない。もちろん得られる子供との時間や子供の健康は何にも代えがたいものだ。

だけど、それを「稼いでないんだから家事育児の分担もその分やれよ」というのは腹が立つのだ。だって私は望んで時短をして年収を下げたわけじゃないから。まぁ、我が夫はいつも書いている通り、「お前、稼げなくなったんだから、家事育児やれよ」なんて口が裂けても言わない人なので、実質は時短で早く帰れる私の負担が多くなっても、「ごめんね。本当はもっと思いっきり仕事したいよね」と言ってくれるし、私が「あーあ、お給料に差がついちゃったな」なんてぼやくと、「その分、育児のために働き方を変えてくれたからだよ。ありがとう」なんて言ってくれるので溜飲を下げているのだが。

 

仕事はそんなにつまらないのか。

つくづく自分の根がワーカホリックだと思うのだが、こういう「年収に比例して家事育児せよ」という人は根っこに「仕事はつまらない」とか「仕事なんて本当はしたくない」という人なんだろうと思う。おそらくそれは、仕事から離れたことがないとか、仕事から引きはがされた経験がないからなのかもしれない。だから、年収が下がった側(だいたい女性)から「(それだけの年収に比例する)仕事をうばった」という感覚がないのではないか。仕事を奪い、その分、家事育児の負担をしいるという二重の重みを背負わせているだけではないのかと私は思う。いや、家事育児にも面白みは大いにあるけれど、「仕事と家事育児」は性質が違いすぎて並べて比較できるものではない。

実は私自身は、事業撤退のための転職(まぁつまりはクビ的な感じ)を経験しており、仕事から引きはがされる辛さを身をもって知っていたので、人よりも仕事をセーブすることに敏感なのかもしれない。そして、妊娠・出産で再びそれを経験し、たとえ仕事に復帰できたとしても、思いっきりはやれないというジレンマまで経験したのである。

根が仕事好きなので、こういう「稼げもしないくせに家事育児がいやだというな」とか「平等というなら同じぐらい稼いで来い」という人には、「いいよ。じゃあ、私の稼ぎと同じだけ稼いで、その分家事育児こなしてよね」と言い返したくなってしまう。こういう人が夫でなくてよかった…(たぶん夫はそう言い返されることを知っているので言わない笑)それに対して「いいよ」と答えられる男性はどれだけいるのだろうか。

 

もっとフラットに育児と仕事を語り合っておけばよかった

残念ながら我が家はもう子供を産む予定がないので、2度の産休育休と時短は私があっさりと取ってしまった。でも、せっかく理解ある夫がいるのだから、規定概念にとらわれずに「どちらが仕事をセーブするか」をもうちょっと考えてみてもよかったかもしれない。事実、私の友人は「働きたい!」という女性と「育児したい!」という男性のコンビであっさりと男性が育休を取得した。こういう組み合わせの夫婦はなかなかないけれど、「仕事を離れるつらさ」が「当たり前に女性側」というところをもう一度夫婦で白紙に戻して考える…というのはすごく大事な気がする。

別に結論は「やっぱりママが時短がいいね」でいいのだけど、男女ともに「考えてみる」という過程の有無でその後の家事育児分担に大きく影響がある。そして、その影響は確実に共働き生活の夫婦関係に影響する…と思う。

それにしても世の中、「女は家事育児したいんでしょ。仕事なんてしたくないんでしょ」とか「俺たちのやってる仕事ってすっごい大変なの!やれるもんならやってみろ」という根深い固定概念を男性のみならず、女性にもあるのだな、と冒頭の記事に感じた。

 

にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
にほんブログ村

 

salarymanma.hatenablog.com

salarymanma.hatenablog.com

 

 

保育園児の発熱対応をフローチャート化してみる

実は先週1週間、第二子(1歳)のインフルエンザで我が家はてんてこまいだった。上の子から数えれば保育園生活も早くも5年目。比較的、上の子は丈夫な方だと思うのだが、それでも一通りの病気はかかってきた。子どもがよくかかるウイルスやその対処法などはようやく見越して動けるようになってきたのだが、インフルエンザは上の子はかかったことがなく、初だった。園ですでに発症者が出ていたことから発熱の時点で「おそらくインフルだろうな」と思い、超混雑の休日診療にはかからず、月曜日の朝に受診をした。私のインフルエンザの知識では、発熱から24時間以内はウイルスチェックができない…という知識があったため、十分かと思っていた。

 

ひさびさに小児科医に怒られる

続きを読む

働きながら第二子を考えて、産んでみて。~生後3カ月。最年少で保育園へ~

さて、1月に産まれた我が家の第二子(男児)。1歳の誕生日は第一子とは大違いで、大したお祝もせず、ただただ健康に迎えられたことに感謝した。(このありがたさが身にしみるのは第二子ゆえかも)前回の妊娠~出産に引き続き、この第二子についてこの1年を振り返ってみたい。

 

復帰時期に悩む早生まれの子

続きを読む

働きながら第二子を考えて、産んでみて。~妊娠から出産まで~

もうすぐ第二子が1歳になる。正直、一人目とは「一歳の誕生日」への思い入れが違うのは事実。でも、一方で第二子は生後3カ月から職場復帰していること、夫がすでに育児の戦力化されていたことなどから、違う意味での思い入れは強い。それは、本人はもちろんのこと、上の子や私たち夫婦が「よくぞ、ここまで頑張ってきた」ということだ。これを機会に記録的にもこの1年を振り返ってみたいと思う。

 

続きを読む

ワークライフバランスが取れる社会は労働者にとってけっこうしんどいと思う

ワークライフバランスを進める会社=いい会社?

「自社でワークライフバランスの施策を進めています」と言うと、「いい会社ですね~」と言われることが多い。たしかに、その取り組み自体はいいことなのかもしれない。私自身も進めていきたいと思っているし、社員に向けては戦略的に「うち会社、時流に乗って、いいことしてまっせ」という広報の仕方をしている。

その甲斐あってか、採用では少しずつ今まで応募のなかったような層からも応募が増え、一方で「楽そうな会社」というイメージから応募してくるような人がいるのも事実だ。

でも、本当は職場でワークライフバランスを進めることは、労働者にとってけっこう酷なことだということにそろそろ気がついた方が良い。

 

続きを読む

祖父母ありきの子育てと国会議員の育児休業と。

「激務の旦那より、自分の母親の方がよほど子育てに役に立つ」

 

…友人や保育園のママたちを見渡せば、こんな人がたくさんいる。それを裏付けるように、政府は三世代同居に補助金を出そう…なんてトンチンカンな子育て支援策を取り入れようとしている。少子高齢化の社会の中で、祖父母世代(60代~70代ぐらいか)を少子化の担い手にするという考え方はよくわかる。でも、日本のそれはあまりに肉親を頼りすぎていないだろうか。

続きを読む

ママサービス過剰の時代に感じる0歳児保育のメリット

先日のすくすく子育てで出てきたお悩み…「友達におもちゃを貸さない子供」というお悩みだ。

www.sukusuku.com

お答えになっているお二方ともに、要約すれば「貸せなくて当然。今は焦らず見守って」という回答だ。

大豆生田先生のお答えの一部を抜粋。

実際には「おもちゃを貸さないなんて、どんなしつけをしているんだ」と他のママに思われることがあると思います。そのようなときは、親同士で「申し訳ない」という気持ちを伝えるようにしてください。親同士の関係もとても大切です。

先生がおっしゃることはよく分かる。できればそうしたい私だって。

私は我が子は二人とも0歳児から保育園なので、あまり支援センター的なところに行った経験がないのだが、ショッピングモール内の遊び場や公園で会った見知らぬ親子などと、このシチュエーションになることは理解できる。でも、我が子が遊んでいるおもちゃを「貸して」って言われた時に、相手の子供に「今はだめよ」なんて言えるだろうか。特に自分のものではなく、施設のものだったりすると、非常に難易度は高い。

ほかにも例えば、我が子がブランコに乗っているところに、誰が並んだとしたら、やっぱり我が子を急かしてしまう。本当は我が子も前の子を待っていたのだから、もう少しゆっくりやらせてあげたいのに。こういうとき、思いやりという名の「大人の世界のルール」を子供に強要している気になったりする。

 

1歳前後の子供の他害は「育児あるある」

先日、友人も「1歳の息子がお友達に手を出して困る。この前も支援センターで女の子をぶってしまい、その子のお母さんに睨まれてしまった」と嘆いていた。うん、我が家の上の子もその時期は気に入らないことがあれば手が出た。そうでなくてもぶったり、ぶたれたり、噛んだり、噛まれたりは日常茶飯事だった。友人は普段から手が出れば叱るそうだが、1歳児に叱ったところで大して効果はない。「もう支援センターとかしばらく行かないでおこうかな」とため息をついた。

でも、そんなヤンチャな男の子を刺激の少ない自宅で見続けるなんて、専業ママの友人はストレスフルだし、子供だって公園や支援センターに出かけたいだろう。親・子どちらにとっても苦しいことだ。

 

気になるのは「しつけの出来ないママ」と思われること

別に友人の子が特別ヤンチャだとは思わない。この位の子供のママは私も含め、けっこうみんなヒヤヒヤしているのではないか。でもそれは、我が子のことが心配というよりも、他の子に危害を加えないか、それによって相手に「しつけの出来ないママ」というレッテルを貼られないかということなんじゃなかろうか。正直、私は今だったらこのころの子供に我が子がぶたれようと、後世残るような傷でもない限り、「そういう時期だもんね~」と微笑ましく見ることができる。でもそれは、やはり成長過程を知っているからだ。支援センターでは1歳以下の子供もたくさん来ているし、少子化の時代に初めての子供というママだって多い。前述のおもちゃの貸し借り同様に「ギリギリまで見守る」なんてやっぱり難しいだろう。

 

子供だけの世界はどんどん減っている

私が子供を産んで驚いたことの一つが、公園で一人の子供にたくさんの大人がついていることだった。少子高齢化が原因だろうが、下手すれば1人の子供に対してママ・パパ・おじいちゃん・おばあちゃんの4人が付いていたりする。特に私は土日の公園に行くことがほとんどなので、子供よりも見守る大人の方が数が多いぐらいだ。なんだか滑稽にさえ見える。

それゆえに、子供たちには目が行き届きすぎており、前述のおもちゃの貸し借りはもちろん他害なんていうのは、子供が一人で公園に行けるようにならない限り、基本的に大人が介入して解決されている。もちろん、付き添いなのにスマホばかり見て、我が子の危険も察知できないのは論外だが、ちょっと介入しすぎかとも思うのも事実。

きっと中には私と同様に「本当は子供に解決させたいけど、やはり周囲の目が…」という人も多いのだろう。ところがもはや「過剰なママ介入」は少子高齢化核家族化でデフォルトとなっているため、子供に対するママサービス過剰は止められそうにない。これって、子供にとっていいのだろうか。私はちょっと残念なことだと思っている。

 

第三者として叱る保育園のありがたさ

さて0歳児から保育園というのは、けっこう「かわいそう」の対象になりがちだが、私はこのママサービス過剰な社会では、「0歳から保育園」も子供にとって良いこともあると思っている。

我が家がお世話になっている保育園でも0-1歳児クラスは「噛んだ・噛まれた」「ぶった・ぶたれた」は日常的にある。(もちろん他害の癖がある子はかなり注意深く見ているが、多くのママと同様に完全には防ぎきれない)でも、保育園は加害者の名前も被害者の名前も明かさない。そして、少なくともその場でどちらが「本当に」悪いのか(もしくは年齢的に仕方のないことなのか)を判断して、公正に叱ってくれている。我が子も苦言を呈されたこともあれば、「相手の子が手がでちゃって」とか「お互いに譲らなくて…」とか言われることもある。あわよくば、対応のアドバイスももらえる。

これがママサービス過剰な支援センターなんかだとどうなるか。「うちの子がすみません」「いえ、うちがちゃんと貸してあげられなかったから、ね?○○ちゃん?ごめんねは?」とかいう訳のわからない状況になるのだ。これがまた、兄弟間や身内が相手だと公正に叱ったりするものだから、子供は訳が分からない…と思う。

別に誰もが保育園に入れろ、とは思わない。でもそんなママサービス過剰な世の中で、我が子の他害におびえて外遊びさえ億劫なんだったら、他人で保育のプロである保育士に公正に叱ってもらった方がよほど健全だと思うのだ。

ちなみに前述の友人にも一時保育を薦めたのだが、あっさりとスルーされた。彼女は「3歳児神話」の信者なので、想定内だったのだが、本当にもったいないな、と思っている。

 

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

salarymanma.hatenablog.com

salarymanma.hatenablog.com